■2006年01月03日

■蒼穹のファフナー【RIGHT OF LEFT】

蒼穹のファフナーRL


年末に放送したあの名作『蒼穹のファフナー』の特別編。
所用で留守がちだったため今頃と相成りました。

フェストゥムが竜宮島に飛来して問いかけたあの日より1年前の物語。

「あなたはそこにいますか…」




蒼穹のファフナーRL-01

■アバン
『人類は戦っていた。どこか遠くから来た敵“フェストゥム”と…』
『滅ぼすか滅ばされるか…互いに歩み寄る余地など、まだどこにもなかった…』
『誰かが生き延びる為、誰かが犠牲になった…これはそのひとつ。果てしなく続く戦いに、生きた者たちの物語…』
人類軍戦闘機と飛行型フェストゥムとのドッグファイト。
掴みから燃えます!
どっかの種運命とは絵が似ていても違います(ぇ
フェストゥムが某暁より輝いて見えるのは気のせいか!?
とはいえ最初の語りや戦闘シーンから重い話になりそうな予感…どういう展開をみせるのか…

蒼穹のファフナーRL-02

■Aパート
沖合いに浮かぶ自然豊かな島『竜宮島』。
神社にお参りをする人。小川で遊ぶ子供たち。日々の生活を営む人々。どこにでもあるような田舎町の風景。

7月20日。
その年二度目の卒業式が行われた。
式に参加している在校生の中には、まだ何も知らない一騎、真矢、甲陽、咲良、剣司、衛たちの姿が…
もちろん全てを知る総士の姿もある。
送辞を贈るのは生徒会長『将稜 稜(まさおかりょう)』。
フェリー出発までの時間に卒業生の一人と談笑する稜。
卒業生は稜に「卒業が決まってからこの島に違和感があるので、一足先に大人の仲間入りしたほうが気が楽」と話す。
「義務教育中に気持ちにケリをつけておけ。」と稜にアドバイスをおくる。
「心残りはない。」と言う卒業生だが、その表情は「ない」と言うにはあまりにも複雑だった。
この島には秘密がある。人類存亡にかかわる秘密。それを卒業生は、ひしひしと感じ取っているのだろう。
何故、季節外れのこの時期に卒業式を迎えるのか?
「義務教育も終わらないうちから、それまでと違う生活に入る。竜宮島ならではの光景だった。」

蒼穹のファフナーRL-03

竜宮島中学校。
中庭では一騎と剣司が勝負の真最中。稜によるとダメダメらしい。剣司の13連敗中(ぇ
稜は総士に賭けを持ちかけるが「興味ありません。」と一蹴して、部屋を後にする。
部屋に残った稜は、副会長の『生駒裕未(いこまゆみ)』に折り入って頼みがあると話しかける。
「俺が卒業したらコイツを飼ってやってくれないか?」
「ばかっ!一緒に連れて行ってあげなさいよ!可哀想でしょ!」
激昂して怒る裕未だが、稜は悪戯っぽく笑って用事があると部屋を出て行く。少しふらつきけだるげに…
裕未によると、稜は通院しているらしいく、登校するだけで精一杯の状態らしい。それでも誰にも知られたくないのだ。
稜を理解している裕未と『蔵前果林(くらまえかりん)』は、しっかりと稜のフォローをする予定。

貧血気味で木陰で休んでいた稜に一騎は声をかけて肩を貸してやることにする。
稜は一騎に自分から動くようアドバイスをおくる。こういった言葉が1年後の一騎に影響を与えているのだろうなぁ。
遠見医院に着いた稜たち。そこには翔子がいた。真赤になって慌てふためく翔子(笑)
偶然一騎に会って赤面しまくる翔子がとてもかわいいと思います!(ぉ
稜は診察中、遠見先生に『選抜』の話をする。何もできずに終わる(死ぬ)ことが怖かったが、選抜には『志願』できるのだからと。

外で帰らずに真矢を待っていた翔子と雑談する稜。
病気の身でありながら生徒会長をやっている稜を「スゴイ」と褒める翔子だが、実は稜が学校を休んでいる間に決められていたことだった。しかし稜は、みんなが忘れずにいてくれたことが嬉しくて、居場所をくれたことにお返しがしたかった。
稜は翔子に「そばにいてくれる友達、大切にしないとな。」と迎えに来た真矢を見つけて元気付ける。

蒼穹のファフナーRL-04

裕未の自宅では病床の父が、校長と一騎の父と共に『PLAN L』の立案を行っていた。
裕未が帰宅するとモニタを将棋の画面に変えて隠し、2人とも早々に退出していく。
裕未の父はコンピュータの合成音で会話をする。話せないらしい。
父に学校であったことを話しかける裕未は、島の不自然さに疑問を持ち始めていた。

『アルヴィス』では島の首脳部が対応に追われていた。
『ソロモン』が応答を繰り返し、700時間以内に明確な応答にいたる見込み。
今、敵を迎撃すると、人格を形成していないコアでは、接触したとたん敵に島全体が奪われる可能性が高い。
ファフナー関連の設備を厳重にロック。『TSX』を投入。子供たちを参加させる。提出された生駒案『PLAN L』
決断を迫られる大人達。

夏休み。
学校ですれ違う一騎と総士。『あれ』以来、気まずい2人。
剣司は一騎に相変わらず挑戦し続ける。
海では稜と裕未がデート。海がキレイだなぁ…
裕未の気遣いが稜を傷つける。それは稜を想っているから出た言葉。裕未はすぐに謝罪する。それを理解しているから微笑みかける稜。
裕未が家に帰ると玄関先には花が散乱していた。異常を感じた裕未が家に急ぐと父がいなくなっていた。
慌てふためき探す裕未は、庭に横たわる父を見つける。
「アル…ヴィスに…行かな…ければ…アルヴィスに…!」

葬式の日。
裕未は稜と果林の前で、総士に『アルヴィス』のことを知っているか尋ねる。総士の父である校長が裕未の父と頻繁に面会していたから。
最高機密である『アルヴィス』について知らぬフリをする総士だが…

蒼穹のファフナーRL-05

■Bパート
帰宅した裕未は、庭で夕焼けに染まった海を見詰めていた。その時、父が死の間際に握っていたパームトップコンピュータを見つける。それには『PLAN L』の詳細、さらには『Fafner Titan-model』について記載されており、『アルヴィス』へのIDカードが差し込まれていた。
カードに触れた瞬間、頭の中に響き渡る声。悶え苦しむ裕未。
「あるう゛ぃすニハイルタメノかーどきー。????????。 えるぼーとノカクノウコヘ。」(聞き取れません…)

裕未は声を手がかりにアルヴィスへ侵入する。
地下に広がる巨大基地。見覚えのある内部。さらに奥には…
「なに…?これ…?」謎のロボットが並んでいた…
「ファフナーだよ。」振り返るとそこには、稜、果林、総士、そしてプクが駆けつけていた。
「ファフナーティターンモデル。俺たちの唯一の希望。卒業おめでとう裕未。」

メモリージングされた知識が声として認識される。それがあの声の正体。
幼い頃から無意識に植えつけられたこの世界の真実が目覚め、その者から卒業していくことになる。いや大人達と一緒に戦うため島を出て行くのだ。稜は『PLAN L』に参加するために島に残っていた。
突然のことに混乱する裕未。遊びに行かなければ父は死ななかったと思ってしまう裕未。そして…稜を拒絶してしまう裕未。

稜は遠見先生から指令書を受け取る。自分に居場所をくれたみんなに恩返しする為に。それはまるで死に場所を求めているかのように…
裕未は父と同じ道を歩む為、校長の元を訪れていた。帰宅した裕未は髪を切り過去の自分に決別をする。

蒼穹のファフナーRL-06

集められた選抜メンバーたち。そこに裕未が訪れるが、稜には目もくれずに立ち去っていく。
L計画とは端的に言えば囮計画のこと。
アルヴィス左翼のL区画を切り離し、島の防衛範囲外を自動操縦で進み、竜宮島と思わせつつ敵を引き付け迎撃し続ける。
早速訓練に入るメンバーたち。
病のため身体を動かせなかった稜は、赴くままに操ることのできるファフナーに魅了される。
逆に裕未は受け入れられずファフナーを拒絶してしまう。
死に場所を求める稜と父の遺志と思い込む裕未は互いに辞退するよう勧めるが…すれ違い、掛け違えたボタンは戻らない。

訓練は進み卒業が近づく。唯一稜が遣り残したこと…プクのこと。稜からしかモノを食べなくなったのだ。置いていかれることを悟っているかのように…
稜は悩んだ末に毒入りのエサをプクの前に置く。プクは稜を見詰めた後口をつけようとする。
すかさずエサを蹴飛ばす稜。毒入りだと気付いていたのに食べようとしたプク。
ご主人と一緒にいられないのなら…
ご主人がそう望むなら…
ご主人を待つことが許されないのなら…

何気なく果林が渡したパンを食べるプク。
プクは果林が稜たちは必ず戻ってくると信じていることに気付いているのだろう。
だから食べた。再び会えると信じて…
それを見た稜は果林にプクを預けることにする。
稜の心に、あのとき裕未が言った言葉がよぎる。
「最初から帰れないと思う者が志願を取り消すべきだ。」
稜はおそらくは裕未が正しいのだろうと感じるようになっていた。

蒼穹のファフナーRL-07

■Cパート
Lボートの切り離しシークエンス。
校長が司令官らしく動いているのはレギュラーシリーズの第1話以来かな???
Lボート内にも計画終了までのカウントダウンが表示される。
9月20日ついにL計画が始動する。
『L』…LEFT、左、あるいは立ち去ったことを示す言葉。

3日後。
Lボート浮上。竜宮島として活動を開始。スフィンクス型フェストゥム実体化。戦闘開始。ファフナー発進シークエンス。
稜と裕未が出撃する。敵のあまりに美しい姿。攻撃を受ける裕未。腕を切り裂く稜。追撃のビームを放つ裕未。そして止めの一撃。
初めての迎撃。歓喜の声。浮かれるチーム。不安を喜びで上塗りをする。

ファフナーを見上げる総士と果林そしてプク。
総士が乗り込みマークアインの起動実験開始するも目の傷が致命的な影響を与えてしまう。

蒼穹のファフナーRL-08

Lボート。
意識を失うパイロット。動かないファフナー。2日に一度の襲撃。いなくなっていく仲間。
6度目の戦闘のとき、ついに起こったパイロットの肉体の結晶化する同化現象。
8度目の戦闘で、もうひとり…
ひとり当たりの戦闘時間を短縮すれば出撃回数が増える。すると通常兵器の使用回数が増え残り少ない弾薬が底をつく。逆に計画の脱出方法も分からないのでは、戦闘時間を増やさざるを得ない。
作戦に参加するはずだった裕未の父は、余命いくばくもなくとも島に生還するつもりで計画を立てたはずだと、稜は信じていた。

海を見つめる稜に裕未は、父を庇ってくれたことの礼を述べる。
稜は死にたがっていたのは…死に場所を求めていたのは自分だったことを後悔していた。
裕未は父がいなくなろうとしていたことを感じ取っていた。だからこそ稜に同じものを感じ苛立っていたのだった。
ただただ、稜に生きて欲しかった。肩を震わし嗚咽する裕未…

ロビーに集められたメンバー。
そこには閉鎖区画が開放されたことを示す表示がされていた。
思考を読むフェストゥムに対し、乗員に何も知らせず定期的に補給区画を開放する。おそらくは最後に脱出方法がわかるのだろう。
敵を騙すには味方から…
欲しかったのは死に場所ではない。生きる場所。

蒼穹のファフナーRL-09

アルヴィス。
『天岩戸』で総士は乙姫を見詰めていた。
総士は目の怪我を理由にパイロットから下ろされていた。変わりに前線で戦うでなくジークフリードシステムに乗り仲間を前線に送り出す役目を任される。
即ち父と同じ立場。どんなに過酷でも…どんなに生存率が低くとも、生きようとする意思を信じて送り出す。島の存亡を背負う役割。
総士は島の運命を左右する立場にある乙姫を前に自らに問う…

Lボート。
激しさを増す戦い。生存と生還を誓う言葉。破壊されるファフナー。傷つき倒れる仲間たち。進行する同化現象。
そして…

蒼穹のファフナーRL-10

結晶化し砕け散るパイロット…
怖さ…怒り…悲しみ…
蔓延する絶望…
作戦終了まであと2週間。
またパイロットとファフナーを失った…

蒼穹のファフナーRL-11

■Dパート
同化現象の初期症状が出始めた果林。
何も知らずに日常を過ごす生徒たち。蒼く遠く高く広がる空。蒼穹…
誰かの犠牲の上に成り立つ安全。
どうしても疑問を感じてしまう果林だが、総士は正しいと願う以外にないと答える。

Lボート。
2機のファフナー。3名のパイロット。8名の大人たち。これが生存した全て。
ついに任務が完了し脱出への扉が開く。
しかしそこにフェストゥムの襲来。
父の作戦を完遂させようとファフナーに向かう裕未。追いかける稜。
脱出に残されていた潜水艇は40名は乗れるもの。裕未の父は全員生存を信じて作戦を立てていた。
脱出フェイズを確認したコンピュータは『フェンリル』を起動させる。フェストゥムを道連れにLボートを消滅させる作戦だった。
稜と裕未はフェストゥムを足止めし隙を見て脱出する。
開放されるフェンリル。

アルヴィスでは潜水艇とティターンモデルを確認していた。
総士はジークフリードに、果林はマークツヴァイに乗り込み発進する。
生き残った仲間を救う為に!

蒼穹のファフナーRL-12

そのころ潜水艇は、水中活動に対応したフェストゥムに取り囲まれ絶体絶命の危機をむかえていた。
ファフナーティターンモデルは後方20km。とても間に合わない。

アルヴィスでは潜水艇の消滅を確認する。
絶望するアルヴィススタッフ。

竜宮島に向かおうとする裕未を制止する稜。
島に帰りたいと絶叫する裕未を稜は必死で説得する。
『みんなが戦った意味』それを失わせない為に…
誰かが迎えに来る前に立ち去ることを決意するふたり…

蒼穹のファフナーRL-13

アルヴィスではティターンモデルが島から遠ざかっていくのを感知していた。
校長は総士に救出作戦の停止を命じる。島全体を危険から守るための苦渋の決断…
果林は命令に逆らい稜たちを迎えに行こうとするが、総士はツヴァイを強制ロックさせる。
果林は総士に叫び続ける。総士はCDCと通信して説得を行う。
実戦を経験した機体とパイロット。それらの戦闘データの回収すれば、島の力は飛躍的に向上しフェストゥムにも対抗できると…
敵に対抗する絶好の機会だと…
何の為のファフナーかと!
防衛圏内のみ活動を認められた総士は果林にツヴァイを立て直させ全力で目標の追跡を命ずる。
アルヴィスは目標周辺の振動を計測し全力でバックアップを行う。

蒼穹のファフナーRL-14

稜は海流の計測を行い、せめてファフナーの残骸だけでも島に辿り着き、戦闘に役立つようにする。
「稜…ありがとう…止めてくれて…」
「なぁ裕未…」
「なに…?」
「好きだ…いや…好きだった…たぶん…ずっと前から…」
「わたし…あなたが好きかどうか分からない…そういうの…いつのまにか通り越してた…」
「そっか…」
素直に心を向き合わせた稜と裕未。
頭上から光が降り注ぐ…
『マリンスノー』
みんなが褒めてくれているかのようにふたりを包み込む。
「稜…今そばに居てくれるのがあなたでよかった…すごくそう思う…」
「そっか…」
「これって…好きってことなのかな…」
結晶化していく裕未…
「でもなにか…もっとそれ以上のモノを感じる…あなたがそばに居てくれたから…わたし…」
繋いだファフナーの手が滑り落ち横たわる機体…
声なき絶叫…

蒼穹のファフナーRL-15

稜は最後の任務としてこの作戦の全てを音声データとして残す。
とうとう稜にも結晶化が始まっていった…
そこに一体のフェストゥムが降り立つ。
代謝を手に入れたフェストゥム。それは命に近づくこと。
稜はフェンリルを開放して砕け散った…
機体の同化を避ける為に…
残された仲間を救う術を伝える為に…
一縷の望みにかけて…

蒼穹のファフナーRL-16

4ヵ月後…
潮流センサーに反応があった。
ふたりの望み通りに島に流れ着いた機体。
プクが機体に走り寄る。
機体の匂いを嗅ぎ遠吠えをするプク。
その機体は…
託された音声データは貴重な情報源となる。涙を堪えきれない大人たち…
回収された機体を訪れた果林。そのコックピットには、すでにプクが訪れ眠りについていた。
果林はこの機体が稜の機体であり最後まで裕未と一緒だったと確信していた。
眠っているプクの頭を撫でる裕未は気付く。
プクは最後まで稜の傍に居ることを選んでいた…
まさに眠るように息を引き取っていた…
号泣を聞いた総士は踵を返し機体から離れる…

蒼穹のファフナーRL-17
蒼穹のファフナーRL-18

先に帰島する果林を見送る総士。
稜たちの犠牲で訪れた平和は半年間。
誰かが勝ちとった平和を譲り受け次代に繋いでいく。
それがたとえ一日であったとしてもそれは命を賭した貴重な時間。
果林と総士は一緒に戦う時を誓い合う。

『こうして平和と戦いは受け継がれた。彼らの生きる意思。前線で戦う者たちの痛み。その全てを僕に背負えるだろうか…繰り返し自分にそう聞いた…答えはこれからの戦いの中にある。僕らの闘いの中に。』
頭上にはあの時と同じように蒼穹が広がっていた…

泣いた…泣いたよ…
画面が滲んで大変だよ…
angelaの歌がまたものすごく盛り上げてくれてさ!
プクが健気だよ…
稜の気持ちを汲んで毒入りのエサを食べようとしたり…
稜の帰還を疑いなく信じる果林からはエサを食べたり…
亡くなった稜のコックピットで息を引き取ったり…

稜が病気を理由にみんなのためという言い訳をして死に場所を求める。
裕未が父に依存し病気を身近に感じ生き抜こうとしない稜を許せなくなる。
果林が大好きな稜と裕未の生還を信じてプクと一緒に待ち続ける。
総士が戦いに送り出す覚悟と責任を背負い始める。
みんながただ生抜くために、みんなを命を賭けて守っていく。

総士の決意、果林の覚悟、大人たちの想い…全てがレギュラーシリーズに繋がっていくわけですね。
犠牲を出さずに済ませたい…しかし犠牲を出さなければ生き残れない…
それでも僅かな…一縷の望みがあるのなら…それに賭けたい。
次の世代が生きていく為に。笑顔を残していく為に。

蛇足
某種運命と同じ画でこのクオリティの差。言わずもがなってか(ぉ





B000BV7S30Peace of mind
angela atsuko KATSU

キングレコード 2005-12-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


B0009RP3OCDEAD SET
angela atsuko KATSU

キングレコード 2005-08-03
売り上げランキング : 1,153

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



B000E0VR1C蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT オリジナル・サウンドトラック

キングレコード 2006-03-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




posted by 露羽 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(5) | ■その他アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

蒼穹のファフナー -RIGHT OF LEFT- ★★★
Excerpt:  ★がついに臨界点突破!!  続き→ 
Weblog: 吠刀光
Tracked: 2006-01-04 02:52

蒼穹のファフナーRIGHT OF LEFT 後半パート
Excerpt: え〜と、文字数が多すぎます・・・と制限がかかったため、記事を二つに分けました。 ってか、ブログには文字制限なんてものがあったんですね。 どうやらそれに収まりきらないくらいにファフナーへの思いを書き..
Weblog: ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜
Tracked: 2006-01-04 22:41

[アニメ] 蒼穹のファフナー−RIGHT OF LEFT−ついでに、あけおめ!ことよろ!
Excerpt: みなさん、明けましておめでとうございます。 今年も燃えたり、萌えたりしましょう! ということで、冬休みSPとして放送された「蒼穹のファフナー−RIGHT OF LEFT−」を見ましたよ!
Weblog: コミアニ感想文 ヽ( ´ー`)ノ
Tracked: 2006-01-04 23:47

みんなが戦った意味を失わせちゃいけないんだ!!
Excerpt: 蒼穹のファフナーRIGHT OF LEFTを録画してたので、帰って見てみたら、涙ブワァァァー!!(つд`。゜*・゜。 切ない終わり方でしたよ・・・・ これを見たらファフナー
Weblog: ザ・ワールド(そしてジョンは動き出す・・・)
Tracked: 2006-01-06 00:38

蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
Excerpt: 何このすばらしい出来!! ウブッチGJ!! いやもうほんっと泣けました。。・゚・(つД`)・゚・。 話が全体的に重いです。 戦闘シーンが綺麗でした。 ええ、最終回を忘れるくらい(ry ..
Weblog: 廃人日記(ぁ
Tracked: 2006-01-06 17:23

PCゲーム

桃華月憚【豪華版】
桃華月憚【豪華版】

聖なるかな -The Spirit of Eternity Sword 2- SPECIAL PACKAGE
聖なるかな -The Spirit of Eternity Sword 2- SPECIAL PACKAGE

Bullet Butlers 初回限定版
Bullet Butlers 初回限定版

あやかしびと 通常版
あやかしびと 通常版

Fate/Stay night DVD版
Fate/Stay night DVD版

Fate/hollow ataraxia 通常版(DVD-ROM)
Fate/hollow ataraxia 通常版(DVD-ROM)

少女魔法学リトルウィッチロマネスク 初回限定版
少女魔法学リトルウィッチロマネスク 初回限定版

リトルウィッチファンディスク~ちいさな魔女の贈りもの~
リトルウィッチファンディスク~ちいさな魔女の贈りもの~

ロンド・リーフレット
ロンド・リーフレット

恋姫†無双~ドキッ★乙女だらけの三国志演義~
恋姫†無双~ドキッ★乙女だらけの三国志演義~

マブラヴ DVD-ROM版
マブラヴ DVD-ROM版

マブラヴ サプリメント 通常版
マブラヴ サプリメント 通常版

マブラヴ オルタネイティヴ DVD-ROM
マブラヴ オルタネイティヴ DVD-ROM

マブラヴ ALTERED FABLE 初回版
マブラヴ ALTERED FABLE 初回版

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。